回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

 
 改めまして、2016年もお世話になりました!

 今年……今年……は……何かしてたっけ……と早速年初のことが思い出せなくなりつつありますが、去年に引き続きちょこっと俺のグルメ企画をしたり、念願のおねショタアンソロを発行したり、思い返せばそれなりに色々していたのかな……サボってた、とは言わずに済むかな……! ってところです。

 一番の思い出は、やはりおねショタアンソロの刊行でした。後書きにも記したとおり、この企画は個人で同人始めてすぐ思いついたものの、しっかりしたものにしたく1年半あっためました。ご参加の執筆陣の皆様、チェッカーの助っ人様、頒布前から「楽しみにしてるよ!」と声をかけてくださった方々のおかげで、本当にいい本になりました……! 装丁的にも憧れの箔押しを達成できて、この3年の同人活動の集大成みたいになっています。ここで結構やりたい放題できたので、あとはまったり行こうかな、と気持ちのゆとりも出来ました。おねショタアンソロに携わってくださったすべての方々に、今一度この場で御礼申し上げます。本当にありがとうございました!

 昨年末から身心の調子が整わず、気持ちの浮き沈みが激しくて方々にご迷惑をおかけしましたが、今年の秋ごろからようやく落ち着いてきました。特に、秋口は落ち込むことも多かったのですが、イベントなどでお会いした方に直接お声をかけて頂くことで、そこから這い上がるエネルギーをたくさん分け与えて頂きました。こうした経験は、一生ものの財産だと痛感しています。頂いたお気持ちやお言葉を糧に、来年こそは色々ブーストかけていきたいな、と意気込む所存です。

 同人活動については、イベント参加や本を作る頻度を落とすなど縮小方向ですが、創作はもりもり続けていきますのでそっと見守ってやって頂ければ幸いです……!(アン安に関しては延期に次ぐ延期で大変恐縮ですが、来年の、どこかのタイミングで……!)

 今年も一年、お世話になりました! 来年の今頃はどうなってるのかな、と不安半分楽しみ半分ですが、自分に出来ることをひとつずつしっかりこなして前に進んで行きたいと思います。来年もよろしくお願い致します! よい年末年始をお過ごしください!



 と、フォーマルなご挨拶はここまでで、追記から今年の振り返りと来年についてぼやぼや考えていこうと思います。お暇な方は、よろしければ読んでやってください。


おねショタ ファンタジー 創作 小説
 
キャプチャ


 例によってキャプチャで失礼しますペタリ

 今年の目標は40万字だったんですが、届きませんでした……orz なんだかんだで30万字弱は書いていたのですが、消化不良だな……! つか二次創作多っ……なんかそんな感じの一年だったようです。
 相変わらず新作長編書けてないことにモヤりを感じます。で、でも、書きたいネタはふたつ出てきたから、来年、来年だよ……まだ本気出してないだけだよォ……!(ダラダラ)

 新作長編のネタは、どちらもSFなのでどのくらいまで資料集めて勉強すべきか悩ましいところでして……片方は、とりあえず2月までって決めてそれを目処に書き始めようと思います。ただ、なんか最近あまりにも書いてないので、肩慣らしにおねショタ短編書いて、それをテキレボで出せたらなぁ、とぼやぼや考えておるところです。前から書く書く言ってるショタじじいとビッチは大ブレーキかかってストップしてます……モゴモゴ

 今年は秋口以降、意識的にちょっと充電寄りに生活しておりました。ぶっちゃけて言うとゲームしてました。ン年ぶりに新作ゲーム予約してプレイするという貴重な体験をさせて頂きました。ゲームはいいね……特に据置き機のゲームはね……。今はヨ○ヒコのせいでドラクエⅤがプレイしたくなったのでちまちま進めております。結構、名作と言われているタイトルを素通りしてきているのでちょっとずつやって行きたい所存。

 あと、結構映画館に足を運ぶことが多かったです。完全に立川シネマシティのせい。音響設備が素晴らしくて、というのもあるんですが、昔の映画をリバイバル上映してくれているのも嬉しいところ。立川に住みたくなる罠。劇場で見たのはどれもすごい完成度で、ゴゴゴ、と刺激を受けました……! 一番感動したのは……ガルパンだな……! まず「華道・茶道・戦車道」っていう入りが素晴らしいし、前知識なくてもあの一本で十全に楽しめるっていうのはすごい発明だった……TVシリーズ見よう……。
 それで、家でもちょいちょいDVD借りてきて観たりしてたんですが、この歳になってやっと『バトル・ロワイヤル』を観たんですよ……! 薄目開けながらでしたけど……! 公開当時はただ恐ろしくて避けていたんですが、今になってみると凄惨な中にも壮絶なうつくしさがあって、巨匠の巧に痺れました……! 観終わった後はおなかいっぱいって思ってたんですが、今もう一回観たい、ってなってるから深作監督パねぇ。ちなみに同時期に別のバイオレンス的なやつも観たんですがこっちには惹かれなかったため、単に暴力があればいいってもんじゃないんだなぁとしみじみしております。
 というわけで来年もこの感じで映画をモリモリ観ていきたいな……! これでも一応学生時代に映画分析の勉強しとったんじゃ……! でも当時はろくに観やせんかったのじゃ……!
 映画と並行して舞台ももっと見たいな、と思っているんですが、こちらはなかなか足を運べず……気になる劇団さんを見つけたので来年こそは……! 

 それと、今年は〝すきなもの〟が増えたのも素敵なことだなぁと思っております。今まで、結構これまですきだったもの・お気に入りだったものを反芻しがちだったんですけど、これじゃあいかんなぁと思いあれこれ触れてみました。
 昨年からちょいちょい通っていた『プリパラ』は、流れでTVアニメ版も見始めたんですけど、これが、すごくてだな……! いつも狂気の沙汰じゃないみたいなハジケ脚本を炸裂させてくるんですけども、魅せるところは魅せる! って感じで、キャラクターたちの絆や「思いっきり楽しもう!」みたいなメッセージがここぞとばかりにまっすぐ飛び込んでくるので、終盤はいつももう涙涙です……シーズン1のBOXうっかりポチッたよ……。また音楽の方面でも、以前からドラマの主題歌が気になってた『女王蜂』というバンドさんのアルバムを借りてきて聴いたらもうこれが、ドンピシャでな……! 激しいバンドサウンドなんですが、それがディスコ調でレトロ感があってオサレなのですよ。で、歌詞を覗き込んでみたら底深き闇が潜んで落下するみたいな。だけど一条のやさしさが差してきて救われるみたいな。しかもボーカルの薔薇園アヴちゃんはひとりで男声も女声も使い分けるんですがこれが、圧巻でな……! こちらのインタビューにすごく感動したので記念に貼っておく……(音楽ナタリー『女王蜂 「失神」インタビュー』) 余談の余談ですが女王蜂の『ヴィーナス』を主題歌に使ったドラマが『怪奇恋愛作戦』というのなんですが、これのOPが最強にキててエモいのでもうぜひとも見て頂きたい……。
 って話が逸れましたが、昔からすきなものだけでなく、新しく今のこと・ものをすきになれてホッとしたというか、まだまだわくわくするものが世の中にはたくさんあるんだな、いじけてらんないな、とすごい勇気をもらったんですね。そんですきなものが増えるっていうことは、それだけ生きるの楽しくなることだなって思って、もっともっとすきなものを見つけたいな、そして大切にしたいな、というのを今年はしみじみと実感しました。ともすれば自分は嫌なことの方ばかりに目を向けて攻撃しがちなので、余計に。そういうことがあって、映画でも舞台でもなんでも、もっと積極的に触れていきたいと思った次第です。

 とりとめなくなってきたので総括に移ろう……。去年と比べて書く量自体は減っていますが、創作以外のものに目を向けられて視野が開けたのはよかったことでした。この感じを生かしつつ、来年こそ……来年こそ新作長編を……! ……うん、なんか去年と言ってることが変わんないな!! 

 と、うだうだ書きましたが最後まで読んで下さった方いましたらありがとうございました……! きっと来年もてんやわんやしてると思いますが、どうぞよろしくお願い致します!!

スポンサーサイト

テーマ:更新報告・お知らせ
ジャンル:小説・文学

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

つぶやき

プロフィール

世津路章

Author:世津路章
一次創作小説を書いています。

コメント欄は管理できないため閉じています。

◆リンクについて
当ブログはリンクフリーです。ただし、アダルト・宗教系サイトは除きます。
◆作品
当ブログ及び小説家になろうにて、『ミス・アンダーソンの安穏なる日々』『八奈結び商店街を歩いてみれば』を連載しました。前者はおねショタ小説で、2017年7月に電撃文庫より刊行されました(無敵の女傭兵ミス・アンダーソンを抹殺すべく派遣された羊ショタ執事悪魔(レベル1)のどたばたコメディ)。後者は大阪のどっかにある商店街が舞台のなにわ人情お約束劇です。

アイコンは岡亭みゆ様にご制作頂きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文(要返信の場合はその旨をお書きください):

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。