回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

口絵1

『ミス・アンダーソンの安穏なる日々

小さな魔族の騎士執事』

7/7(金)発売記念 カウントダウン企画


7月1日~7日までの間、日替わりで掌編をUP!

7/1: 『謎の真四角を追え!』

本編は追記からどうぞ。

おねショタ ファンタジー 一次創作
=========================

 いつものように出勤する彼女を見送り、食卓の片付けに移ろうとしたところで、アーティはそれに気づいた。やけにキチンと畳まれた、真四角の紙ナプキン。いかにも作為がにじみ出ているそれを摘み上げ、訝しみながら開けると、


『テーブルの裏』


 と、一言だけ書かれていた。


「……? そんなところにいったい何が……?」


 深まる謎に首を傾げながらもしゃがんで覗き込んでみると、テーブルの裏には同じような真四角の紙ナプキンが貼り付けてある。

 剥がして開いてみると、今度は『窓際から二つ目の本棚の上』とある。そこを探すとやはりあの真四角があって、次は『脱衣所の真ん中の戸棚』。それから行く先々で『キッチンの食器棚の一番下の段』、『納戸の奥の箒の裏』、『花壇の右の端っこ』、等々指図され、わけもわからずアーティは右往左往しなければならなかった。

 そうこうしているうちに、寝室にたどり着く。『枕の下』という指示に従って枕を持ち上げてみると、そこに待っていたのはあの真四角、ではなく、可愛らしく包装された小さな箱だった。

 リボンを外して中を改めると、その中には宝石のような砂糖菓子がいくつか並んでいて、上蓋の裏にメッセージカードが貼り付けてある。


『いつもお勤めご苦労様。任務遂行、がんばってくださいましね。 ――A.A.』


「くうう~~~……! バカにして……!!」

 アーティの背負う任務、とは即ち彼女――人類最強の女傭兵アンナ=L・アンダーソンを〝抹殺〟すること。その相手にこんな労い……に見せかけた愚弄を受けるなど、クツジョクの極みである。


「今に僕をバカにしたことを思いっきり後悔させるのです!」


 決意を新たに、砂糖菓子をひとつ口の中に投げ入れる。が、その甘さにほだされ顔が緩んでしまい、どうにも締まらない自分を嘆くアーティであった。


 後日、仕返ししようと同じように家中にメッセージカードを仕掛けるも、肝心の一つ目にアンダーソンが全く気づかず彼は地団駄を踏むことになるのだが、それはまた別のお話。


=========================

電撃文庫『ミス・アンダーソンの安穏なる日々 小さな魔族の騎士執事』は7/7(金)に発売!
amazonのページはこちらから
アニメイト(購入特典付き!)のページはこちらから
メロンブックス(購入特典付き!)のページはこちらから


書店さんでのご予約は、下の画像を店員さんにお見せください!
書影

スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

最新記事

カテゴリ

つぶやき

プロフィール

世津路章

Author:世津路章
一次創作小説を書いています。

コメント欄は管理できないため閉じています。

◆リンクについて
当ブログはリンクフリーです。ただし、アダルト・宗教系サイトは除きます。
◆作品
当ブログ及び小説家になろうにて、『ミス・アンダーソンの安穏なる日々』『八奈結び商店街を歩いてみれば』を連載しました。前者はおねショタ小説で、2017年7月に電撃文庫より刊行されました(無敵の女傭兵ミス・アンダーソンを抹殺すべく派遣された羊ショタ執事悪魔(レベル1)のどたばたコメディ)。後者は大阪のどっかにある商店街が舞台のなにわ人情お約束劇です。

アイコンは岡亭みゆ様にご制作頂きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文(要返信の場合はその旨をお書きください):

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。