回り込み解除


口絵1

『ミス・アンダーソンの安穏なる日々

小さな魔族の騎士執事』

7/7(金)発売記念 カウントダウン企画


7月1日~7日までの間、日替わりで掌編をUP!

7/5: 『説明しよう! 
今ならセットで専用クリーナーもついてくるのである!』


本編は追記からどうぞ。

おねショタ ファンタジー 一次創作


=========================


 説明しよう! 魔族は魔法を使用できるが、もうひとつ人間とは違う特性がある。それは、何らかの動物への擬態能力である!

 この能力の由来は魔族間でも諸説あり究明は未だなされていないが、上流魔貴族になるほどこの擬態能力を疎んじる傾向にある。が、擬態時には身体能力も大きく異なるため、思い切り活用している魔族もいる。

 物語の主人公・アーティもそのひとりで、羊に擬態して人間界に潜入した実績を持つ。しかし彼は今、その能力がゆえに未曾有の危機を迎えていた!


「やっやめて……! やめてください……!」
「まぁ、そんなに怖がらなくて結構ですのに……」


 彼を壁際にジリジリと追いやるのは、宿敵である人類最強の女傭兵・アンダーソン。その手には直方体をした何らかの機器が握られている。


「これを使えば痛くないそうですから。さぁアーティ、羊に擬態してくださいまし」


 説明しよう! 彼女が手にしているのは新型の魔導具、これさえあれば家畜の毛刈りもラ~クラク、その名も『カルくカルん♪』である! 面白がって街の露店で買ってきたのである!


「ダンコキョヒします!! どうせ面白おかしいアート作品にされるのがオチなのです!!」
「もうラチが明きませんわねぇ」


 と、ため息を吐くアンダーソンの隙を突いてアーティは逃亡を図る……も、脚払いを受けて見事にすっ転んでしまう。その上に当然と言わんばかりにアンダーソンがのしかかって、


「?! や、やめ……あっひゃっひゃ! くすぐるのは、反則……わっひゃひゃ!!」
「そ~れそ~れ、ツボはどこかな~♪」


 アンダーソンが鼻歌交じりにあちこちをくすぐると、つい弾みで、ぼふん、とアーティは羊に戻ってしまった。


「ご安心を」アンダーソンは満面の笑みで魔道具のスイッチを入れる。「すぐに終わりますわ」


 その後、アンダーソンが『カルくカルん♪』の宣伝大使になりアーティもあちこちに連れ出されそうになるのを頑なに拒んでひと悶着起こるのだが、それはまた別のお話。


=========================

電撃文庫『ミス・アンダーソンの安穏なる日々 小さな魔族の騎士執事』は7/7(金)に発売!
amazonのページはこちらから
アニメイト(購入特典付き!)のページはこちらから
メロンブックス(購入特典付き!)のページはこちらから


書店さんでのご予約は、下の画像を店員さんにお見せください!
書影

スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

最新記事

カテゴリ

つぶやき

プロフィール

世津路章

Author:世津路章
一次創作小説を書いています。

コメント欄は管理できないため閉じています。

◆リンクについて
当ブログはリンクフリーです。ただし、アダルト・宗教系サイトは除きます。
◆作品
当ブログ及び小説家になろうにて、『ミス・アンダーソンの安穏なる日々』『八奈結び商店街を歩いてみれば』を連載しました。前者はおねショタ小説で、2017年7月に電撃文庫より刊行されました(無敵の女傭兵ミス・アンダーソンを抹殺すべく派遣された羊ショタ執事悪魔(レベル1)のどたばたコメディ)。後者は大阪のどっかにある商店街が舞台のなにわ人情お約束劇です。

アイコンは岡亭みゆ様にご制作頂きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文(要返信の場合はその旨をお書きください):

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ