回り込み解除

口絵1 

『ミス・アンダーソンの安穏なる日々』

 七夕短編連作

『あなたの願いが叶うころ ~ダグリズの場合~』


既読の方向けですが、
 『ミス・アンダーソンの安穏なる日々 小さな魔族の騎士執事』の重大なネタバレは含みません。
 アーティとアンダーソン以外にどんなキャラクターがいるのか試し読みしたいという方も、ぜひどうぞ!

それでは、本編は追記から。

おねショタ 一次創作 ファンタジー
=========================

「ぶえっくしょぃ!!」


 ダグリズは脚立の上で思い切りくしゃみをし、傾いだ体勢をなんとか立て直してから鼻の下をこすりました。


「姉さん辺りが噂してるかな……」


 セルシアの微笑みが脳裏をよぎり、ぶるりと震えるのはダグリズです。力自慢で横柄なところのある若い聖騎士ですが、孤児院時代から彼女に敵った試しは一度もなく、その力関係は未だ健在。そして、大抵彼女が自分のことを話題にするのはお小言とセットなのでした。

 ブルブルと頭を振って嫌な考えを吹き飛ばし、目の前の作業に集中します。ただ、その作業というのも騎士団の任務に関係あるものでなく、団員全員分の願い事カードを詰め所の窓辺にぶら下げていくというただの雑用なのですが。


(くそっ、こんなとこアンナにゃぜってー見せらんねぇな)


 そんな思いが、ダグリズの手を早く動かしました。彼は史上最年少で大樹君国の聖騎士団・樹葉の騎士に合格した逸材、ではありますが、裏を返すと一番の若輩者であり、よくこうして体のいい使いっ走りにされるのでした。潜在能力こそ光るものを持っているのですが、先達たちとは経験の積み重ねも、技術の練磨も歴然の差。渋々従わざるを得ないのが現状です。

 朝には廃棄される運命のカードを一通り吊り下げ終えると、彼はズボンのポケットに入れておいた自らのものを取り出しました。そして改めて周囲に誰もいないことを確認すると、目立たない端っこにそれを下げます。ホッとしたように手を下ろしたところで、


「なんだダグリズ、まだやってんのか?」


 酒焼けのした声が、彼の背を叩きました。振り返ると、騎士団長のメルヴァが携帯用の酒瓶片手に、にやにやと弄ぶように笑って彼を見ています。


「もう終わったとこっスよ! 帰って寝るっス!」


 慌ててダグリズは脚立から降りて畳み、小脇に抱えました。そしてメルヴァの隣を小走りで通り、退室していきました。



「さてさて、うちの若造はどんな願い事をお月さんに託したのかねー」


 ダグリズの姿がすっかり見えなくなったことを確認して、メルヴァは意気揚々と窓辺に寄って行きました。声を掛ける前から彼女は扉を小さく開けて、ダグリズがどこに自分のカードを下げるのかを覗き見ていたのです。

 あんなにアタフタしたのを見る分に、よほどこっ恥ずかしいことを書いたに違いありません。何か面白そうな予感を察知したメルヴァは、躊躇うことなく秘された彼の願い事を開きます。

 が、その一文を目ってすぐさま、彼女は興ざめしたように目を瞬きました。


『あいつよりも強くなれますように』


 はぁ、とため息を吐いてメルバは携帯用の酒瓶を呷り、一気に飲み干します。瓶から口を離すと、困ったように笑ってひとりごちました。


「だァーから、だめなんだよ」


 もう一口、と思ったところで瓶の軽さに気がつき、メルヴァも明かりを消してその場を後にしました。真っ暗になった詰め所に日が昇って光が差すのは、今しばらく先のことです。


=========================

next ⇒ アーティの場合


電撃文庫『ミス・アンダーソンの安穏なる日々 小さな魔族の騎士執事』は7/7(金)に発売!
amazonのページはこちらから
アニメイト(購入特典付き!)のページはこちらから
メロンブックス(購入特典付き!)のページはこちらから


書店さんでのお取り寄せは、下の画像を店員さんにお見せください!
書影


おねショタ 一次創作 ファンタジー
スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

最新記事

カテゴリ

つぶやき

プロフィール

世津路章

Author:世津路章
一次創作小説を書いています。

コメント欄は管理できないため閉じています。

◆リンクについて
当ブログはリンクフリーです。ただし、アダルト・宗教系サイトは除きます。
◆作品
当ブログ及び小説家になろうにて、『ミス・アンダーソンの安穏なる日々』『八奈結び商店街を歩いてみれば』を連載しました。前者はおねショタ小説で、2017年7月に電撃文庫より刊行されました(無敵の女傭兵ミス・アンダーソンを抹殺すべく派遣された羊ショタ執事悪魔(レベル1)のどたばたコメディ)。後者は大阪のどっかにある商店街が舞台のなにわ人情お約束劇です。

アイコンは岡亭みゆ様にご制作頂きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文(要返信の場合はその旨をお書きください):

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ