回り込み解除

口絵1 

『ミス・アンダーソンの安穏なる日々』

 七夕短編連作

『あなたの願いが叶うころ ~アーティの場合~』


既読の方向けですが、
 『ミス・アンダーソンの安穏なる日々 小さな魔族の騎士執事』の重大なネタバレは含みません。
 アーティとアンダーソン以外にどんなキャラクターがいるのか試し読みしたいという方も、ぜひどうぞ!

それでは、本編は追記から。

おねショタ 一次創作 ファンタジー

=========================


 さて、少し遡って夕暮れ時。街から離れた陽と風香の丘に立つアンダーソン宅では、アーティが夕餉の準備をしにキッチンでせわしなく立ち回っていました。

 今日の献立は暑いこの時期だからこそ食べたい火トマトのパワー鍋。香辛料・天の涙(プリュージュ)をたっぷり使用したスープに、諸々の根菜や肉類をぶっこんでよく煮込んだ、体の芯までホットになる一品。つい冷たいものばかり食べてしまいがちで胃腸を弱らせてしまいがちな季節ですが、そんなときだからこそ敢えて汗を掻きに行くスタイルです。

 下ごしらえが完了し、よく煮込む段になって、ようやくアーティの手も空きました。そこで、ベストの胸ポケットから用意してあった紙とペンを取り出し、うーん、と思案します。


「お願い事ですかぁ……どうしましょうかねぇ」


 先日木漏れ日の家を訪れ、《金銀環の祈りの日》の話を聞いたとき、彼はセルシアからカードも一緒にもらったのでした。そこで今日の当日を迎えるまでそこに書くべき願い事を考えていたのですが、一向に思い浮かびません。いえ、本当は『早く魔界に帰りたい』という一念がポッと浮かんできはしたのですが、


(ご主人様から受けた命なんですから、他人任せにはしておけないのです。それはきちんと、僕の手で叶えないと)


 などと騎士執事としての誇りが書くことを許さなかったのでした。

 それからというもの、あーでもない、こーでもない、と悶々としっぱなしだったのですが、結局これと言って思い浮かばず、半ばやけっぱちになってこう書き付けました。


『ミス・アンダーソンが夜な夜な僕を抱き枕にするの、やめてくれますように』


 祖父仕込みの達筆で記した願い事を見て、アーティは情けない顔をします。


「……これくらいしか思いつかないなんて、我ながら危機感に欠けるというか、なんというか……」


 しかし、任務がらみ以外のこととなると、これと言って思い浮かばないのは事実なのでした。人間界に来て、色々な困難はあったものの、それらを通り過ぎた今となってはそのくらいしか神の手を借りたい願いなどないのです。アーティの受けた使命のことを失態までも、彼女は彼のことを子ども扱いする……ならまだマシな方で、よく家事をするぬいぐるみくらいにしか思ってないのですから。

 台所の窓辺に、二つ折りにしたカードを吊り下げながら、アーティは決心を新たにします。


「よーし、今日も打倒ミス・アンダーソン! なのです!」


 そして彼女が帰宅するまでの間、小さな魔族の騎士執事は必殺の食卓を供すべく、誠心誠意家の仕事に取り組んだのでした。


=========================

next ⇒ アンダーソンの場合


電撃文庫『ミス・アンダーソンの安穏なる日々 小さな魔族の騎士執事』は7/7(金)に発売!
amazonのページはこちらから
アニメイト(購入特典付き!)のページはこちらから
メロンブックス(購入特典付き!)のページはこちらから


書店さんでのお取り寄せは、下の画像を店員さんにお見せください!
書影


おねショタ 一次創作 ファンタジー
スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

最新記事

カテゴリ

つぶやき

プロフィール

世津路章

Author:世津路章
一次創作小説を書いています。

コメント欄は管理できないため閉じています。

◆リンクについて
当ブログはリンクフリーです。ただし、アダルト・宗教系サイトは除きます。
◆作品
当ブログ及び小説家になろうにて、『ミス・アンダーソンの安穏なる日々』『八奈結び商店街を歩いてみれば』を連載しました。前者はおねショタ小説で、2017年7月に電撃文庫より刊行されました(無敵の女傭兵ミス・アンダーソンを抹殺すべく派遣された羊ショタ執事悪魔(レベル1)のどたばたコメディ)。後者は大阪のどっかにある商店街が舞台のなにわ人情お約束劇です。

アイコンは岡亭みゆ様にご制作頂きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文(要返信の場合はその旨をお書きください):

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ