回り込み解除

Tw300字ssさん(@Tw300ss) のお題「星」に参加しました。

題名:『その館の夜空』
ジャンル:オリジナル、おねショタ
注意書き:大丈夫だと思うけど、ややホラ注意かも。

300字・期限一週間というのがまったりできてよいですな。
ではでは本文は続きから。



********************************************


 魔女の掌の覆いが取れると、少年の目の前に満天の夜空が広がった。

「わぁ…!」


 少年は潤んだ碧い双眸を瞬かせ、色とりどりの星が輝くその光景に見惚れた。

 入った時には古びた部屋であったのに。森で迷って途方に暮れていた少年の手を引き、この洋館に導いてくれた麗人は、やはり紛うことなく魔女だったのだ。


「どうだい坊や、気に入ったかい」
「うん、こわいくらいにきれいだ」


 鮮やかに輝く星々を見ていると、なぜだか彼は一刻も早く家に帰りたくなった。でもまたあの昏い森を彷徨うことを思うと、涙が目尻に浮かぶ。

 魔女が跪き、少年の目に口づける。


「もう怖くなどないからね」


 そう言う魔女の赫い舌に、星の如く光を放つ、碧い珠が転がった。



********************************************
スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

最新記事

カテゴリ

つぶやき

プロフィール

世津路章

Author:世津路章
一次創作小説を書いています。

コメント欄は管理できないため閉じています。

◆リンクについて
当ブログはリンクフリーです。ただし、アダルト・宗教系サイトは除きます。
◆作品
当ブログ及び小説家になろうにて、『ミス・アンダーソンの安穏なる日々』『八奈結び商店街を歩いてみれば』を連載しました。前者はおねショタ小説で、現在公開休止中です(無敵の女傭兵ミス・アンダーソンを抹殺すべく派遣された羊ショタ執事悪魔(レベル1)のどたばたコメディ)。後者は大阪のどっかにある商店街が舞台のなにわ人情お約束劇です。

アイコンは岡亭みゆ様にご制作頂きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文(要返信の場合はその旨をお書きください):

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ