回り込み解除

DSC_0058.jpg

第二回文学フリマ大阪に参加してきました!

 本当は去年の第一回のときにも参加したかったのですが、うっかり申込時期を逃すというポカをやらかしたのでそのリベンジに。行ってしみじみ感じたのですが、大阪はいいものですね…帰りたくなかった…。
 もろもろの雑感は、追記から。お時間があればぜひお読みください。

■開場前
 設営のお手伝いから参加しました。思いのほか多くのボランティアさんが集っていてびっくり! サークルさんだけでなく一般参加の方のお手伝いさんもいて、みんな思い入れがあるイベントなんだなぁと朝からしみじみしました。

 設営進行に関しては、懇親会でスタッフの方が回顧されていたとおり、運営側の人数が少ないのと進行のマニュアル化途中という感じで、手探りといった状態。でも自発的に動いてらっしゃる方が多く、サークル入場時間には無事間に合いました。私も微力ながらお手伝いにいそしみましたが…うん、次回からはちゃんと軍手持っていこうね…。


■買い周り
 古巣『S.Y.S.』の堺屋さんが売り子の助っ人に来てくださっていたので、12時くらいから一時間ほど、ぶらぶら買い周りの旅に出ておりました。通路はわりと広めな印象。体育館がちょっと広いくらいの面積なので、サクサク見て周れてよかったです。

 最近ありがたいことにお知り合いさんが増えたので、挨拶回りしていくので精一杯でした(;´Д`) でも以前からついったやStray Catさんで見かけて気になっていた作品を手に入れてまんぞくまんぞく。COMITIAと同じく来た時より荷物が重たくなってしまいました。

 来場者数は、開場時間通じてやや多い状態が緩やかに続いた印象。でも歩き回っていてもそんなせせこましい感じはなかったです。

 そういわれれば、一般参加で岡山からきた方や、サークル参加でも北海道・九州からも遠征してらっしゃる方がいてびっくり…! 第二回にして、そんな幅広い地域から人が集まっているとは…ごくり。みんな文学がほしいのですよ。このままがんばっていただきたいなぁ…あのくらいの規模だとまったりできていいから、拡大しちゃうとほんの少しさみしいけれど…。


■サークル参加
 二度目の個人参加ということで、若干の緊張はありつつ心持ち余裕はあったかもです。今回は新刊の無料配布がメインだったので、とりあえず顔を知っていただこうというつもりでした。無料配布二種類とペーパーは、ありがたいことに14時ごろには無事はけて(※押し付けたともいう)、あとはのほほんな感じです。でも、そのあともちらほら立ち寄って、お買い上げいただいた方もいらしてありがたかった! 出しているものが大阪の商店街ものなので、お声かけするとチラっと気にしていただけるのも多かったかも。

 反省点としては…声のかけ方を、もっと考えなきゃなぁと…前のCOMITIAの時もそうだったんですが、声が大きくて両隣のサークルさんが気になっているお客さんにもかかってるような形になってご迷惑だったろうなぁと…この場を借りてお詫び申し上げます。声が小さすぎても意味がないし、この辺は悩みどころ…。あと、手に取って読んでくださってる方に「これは〇〇なんですよー!」と声かけるの早すぎかな…! 沈黙が耐えられない性質で申し訳ない…!

 自分がそんなだからあんまり大きなことは言えないですが、サークル参加側のマナーもすこし唸ってしまうような場面も見受けられました。うーん、セウト! みたいなん。一般通路を広くとっていためかサークルスペースどうしの通路が人が一人やっと通れるような幅だったのですが、その出入り口にあたる端っこにドンと段ボール置くのは…やめようぜ…。まぁ、人のふり見て我がふり直せ、ブーメランなお話ではございますが…。

 ディスプレイももっと要研究です。帰り道を同行させていただいた服部さん(サークル:またまたご冗談を!様)のお話によると、ティアに比べて文フリでは、派手なディスプレイより平積みでドンと作品置いている方が手に取っていただけるらしい。マジすか…全然逆(ポスター&お品書きメイン、表に出るのは見本誌のみで在庫は見えないようにしてる)だったよ…! そういわれれば、ポスターとか掲げているサークルさん少なかったかも。立ち止まってうちのポスターをまじまじと見てらっしゃる方もいたなぁ…悪目立ちだったかしら……まぁ次もやりますけどね? 置き方考えよう。

 でも、大阪という土地柄か立ち寄って話を聞いていただいた方にはおおらかに受け取っていただいたことが多かったように思います。人が途切れた時にスペースの中で漫才始めた私を優しく微笑んで見守ってくださっていた通路のお客さんの慈悲は忘れない…! 「飴ちゃんもってって!」と言うとホロって笑ってくださる方が多くて、うれしかったです。

 あともう一つうれしかったのは開始後早い時間に、「友達に『ここのはもらってきて!』って言われて」と立ち寄ってくださった方がいたこと! 数あるサークルさんの中からあらかじめロックオンしていただているなど、こんな喜ばしいことはありません…! 事前企画(『言葉でハートを打て!』さんね)とか思い切って参加した甲斐があったなぁ…!


■撤収→懇親会→二次会
 撤収もあっという間でしたね! そのまま会場で懇親会、というのも面白かったです。なかなか開場時間中は他のお客さんのことも気になってゆっくりお話しもできないので、こういう機会はありがたい!

 最近お知り合いになった方(『藍色のモノローグ』の藍間さんや『シアワセモノマニア』の青波さん)メインでお話ししてしまったので、もっと社交的に知らない方ともお話ししにいけばよかったかな…この辺は要課題で…。関西方面、また全国での文学フリマの展望なども聞くことができて、なかなかに興味深かったです。文学フリマ京都、わたし、きになります!

 二次会は助っ人・堺屋さんと服部さんとともに近くのデニーズ…にいったら、バッタリと石井さん&御拗さん(サークル:ショボ~ン書房/Stray Cat様)とあずみさん(サークル:マゼンダ/冬青様)にお会いし、ご一緒することに! なんと素敵なハプニング…! 話題は多岐に渡り、ものすごく新鮮でした。 石井さんと御拗さんの進めてらっしゃる来春のテキレボや服部さんの秋の新刊、そして堺屋さんの久々の文芸作品のことなど、もうわきわきです。たぎる! また、あずみさんから拙作に関するご質問をいただき、その鋭さかつ的確さに驚愕…! 私も、誰かに言いたいながら機会がないことだったのでこれ幸いとばかりに独演会をしてしまい、大変申し訳ない感じでした(;´ω`)


 雑感ですが、そんな感じです。なんかもうひっくるめて楽しかったんだよ! 行ってよかったよ!
 次参加の本の杜は、また違った雰囲気だというので楽しみです。準備は終わったのでまったり行こう。

 お待たせしているミス・アンダーソンも、徐々に骨組みが出てきました。週末から執筆を再開します。もう少しお待ちくださいましね。
スポンサーサイト

テーマ:更新報告・お知らせ
ジャンル:小説・文学

最新記事

カテゴリ

つぶやき

プロフィール

世津路章

Author:世津路章
一次創作小説を書いています。

コメント欄は管理できないため閉じています。

◆リンクについて
当ブログはリンクフリーです。ただし、アダルト・宗教系サイトは除きます。
◆作品
当ブログ及び小説家になろうにて、『ミス・アンダーソンの安穏なる日々』『八奈結び商店街を歩いてみれば』を連載しました。前者はおねショタ小説で、現在公開休止中です(無敵の女傭兵ミス・アンダーソンを抹殺すべく派遣された羊ショタ執事悪魔(レベル1)のどたばたコメディ)。後者は大阪のどっかにある商店街が舞台のなにわ人情お約束劇です。

アイコンは岡亭みゆ様にご制作頂きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文(要返信の場合はその旨をお書きください):

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ