回り込み解除

DSC_0156.png
(※文フリでのディスプレイ。ティアはとってる余裕がござんせんでした…)


というわけで、当サークルの今年の締めくくり、
COMITIA110&第十九回文学フリマに参加してきました!

イベント自体が盛況だったこともあり、多くの方(※当社比)にお立ち寄りいただきました。
作品をお手に取ってくださった方、企画や気に留めて立ち寄ってくださった方、
あと搬出入でお見苦しさ120%だったわたくしめのお世話をしてくださった方、
本当にありがとうございました!

締めくくりということでダブル新刊出したり、
企画にも参加させてもらったり、
自分でも夏からのイベントのキャンペーンをやってたりで、
ホント今回準備がまったく終わらず、イベント当日もあっぷあっぷで、
なんというか
ずっと幸村とテニスしてる気分でした。
(※参考資料:『ついに判明! 幸村の能力は「読者を冷静な状態に戻す」ことだった!
(少年ジャンプの気になる漫画、途中からレビュー)(レビュー)』カフェオレ・ライター様)
 

至らぬ点が多く、両隣のサークル様やご友人にはご迷惑かけっぱなしで…とほほ。
その反省も生かして、来年はもう少しスタイリッシュにがんばりたいと思います。

では、詳細なレポートは続きから! 自分のための備忘録だからクソ長いよ! 
 
◆◆COMITIA110

◎サークル入場後

 ノベルティのブックカバーが当日会場着だったので開場直後に着くつもりが、ばっちり1時間弱遅刻。前夜祭で盛り上がりすぎてね…うん、紅蓮の弓矢2回歌ってる場合じゃなかったよね…。

 まぁそれでもなんとかなろーもんとか考えてカバー折々していたら全然おわらねぇこれ。30分で50枚…とりあえず見切りをつけて10時からは設営に。あれーこのラックどう組み立てるんだっけー在庫どう置いたらいいかなーとかちんたらちんたらやってたら全然おわらねぇこれ

 単純にノベルティ関係で持ち込み量が多かったこともあり、テーブル上・下ともに物が溢れ返っている状態。てんやわんやしながら拍手とともに一般入場開始で、拍手しながら迎える。そのとき気づく。あ、ペーパーラリーの申請してねぇ。同じ島の反対側にいた《またまたご冗談を!》の服部さんに「チラ見で! チラ見でいいんでうちのスペース見たってつかーさい!!」と無理やりお願いし受付まで競歩してお姉さんに言われる、「あ、登録とか別に大丈夫ですよ」 事前にもらっていた案内は隅々までちゃんと読むこと。せつじおぼえた。

 結局ラリーに参加してるサークルさんのところにぺたぺた貼ってスペースに戻り服部さんに謝る。小説島は開始直後はまばらな感じで、せこせこW氏の帯を巻く。


◎イベント中

 お知り合いさんが来てくださったり、ポスターや表紙のイラストを見て足を止めてくださる方がいてくださったり、緩やかな波が終盤まで続く感じでした。おかげさまで多くの方に新刊を手に取っていただくことができました!(※揺るぎなく当社比)

 やっぱりdotさんに描いて頂いた表紙の力がすさまじかったです…! 2・3列お隣にいた友人の《カスタード郵便局》亜斗さん・ふみさんに「ポスターよく目立つよー」と褒めていただいたり…。ティアはやはり大きなイラストポスター多いですが、小説島はまだそこまで多くないのかな? 確かに自分もお買い物から帰ってきたとき目印になりました。ねらいめ!

 ダブル新刊は傾向が真逆だったこともあり、いっしょにはなかなかオススメできませんでした。同時に、という方はお知り合いが多かったかなぁ。『アン安』は気になって足を止めてくださった方が、見本をみたりして「それじゃあ」と持って行ってくださる感じ。なんてったって表紙がいいのでね!(自慢したい) でも意外に『W氏』も手に取ってくださった方が多く、実は文学フリマより出ました。内容よりも、100円という価格設定とキンコーズさんで刷った表紙がきれいだったのが効いた印象。ふふふ、読んでもらったらきっとドン引きされるんだろうな…(ゾクゾクソワソワ)  既刊はそんな出ないかなーと思っていましたがポソポソ手に取ってもらえて嬉しかったです。

 夏にグロリアを買ってくださった方が「面白かったです」と感想下さって、お菓子もお持ちくださって、さらには『かのじょとおなじあしたのこないきょう/かのじょとおなじあしたをえらぶきょう』を手に取ってくださったのは、本当に驚天動地の狂喜乱舞で…ああっ! 名前聞いておけばよかった!!!(今更) 書いたあと砂奈の業の深さ(NTR属性の盗撮魔の二枚舌)に「…これ誰が喜ぶんだよ」と瞬間悩み、まあいいや私が喜ぶ、と開き直って出した作品だから…ありがたいよね…みなさんあったかい…。『かのこな』(略)は今回完売となりましたので、再版の予定は今のところなしです。前に表紙を描いてくれた友人ちの都合があえば、ひょっとすると…? くらい。

 当日は文芸めぐりと創作小説スタンプラリーに参加させていただきました! そのご縁で来ていただいた方も多かったです! 企画周りの方、また『アン安』をお買い上げいただいた方にブックカバーをお渡ししたのですが、喜んでいただけてよかった! 自分が戦利品を消化しているときに、A5サイズの本もブックカバーがあれば通勤中読めるじゃんって思ってこさえたものでした。ぜひお役立てください!


◎お買いもの

 …3ホール開催は圧巻だけどやっぱりしんどいです…。今回表紙を描いてくださったdotさん、またその橋渡しをしてくださったカガミツキさんのイラストサークル《AChaDe-8th》さんが、【あ01ab】という…端でな…ふふふ、いい運動になりましたよ…。いや、余裕があればあれこれ見て周るの絶対楽しいんだけど、古巣(《S.Y.S.》・サークル参加)のメンバーに売り子頼んでいた関係で気持ちの余裕がなくて…! 本当は! 本当はもっとゆっくりみたかったよ!! なんかXんところでやってた星吊り上げるやつやりたかったよ!!! 専属売り子さんほしいな、と真剣に思いました…これはみんなの永遠の悩み…。

 まぁそれはさておき、文芸めぐり&創作小説スタンプラリーのほうも集める側としても参加させてもらいました! 結果めぐりさん・スタンプラリーさんともに6個集まった! どっちも景品が豪華! お知り合いさんと気になるサークルさんを回った段階でめぐりさんのスタンプが5個だったので、あともう1個…とスタンプを求めさまよう…ふふ、てのひらの上で転がされておるわ…。

 あとやっぱりXがね! 面白いですねあれ! ちょっとせかせか通り過ぎるだけだったのですがチラ見ばかりだったんですが、興味をそそられる展示がたくさんあって…。《シアワセモノマニア》の青波さん、《むしむしプラネット》のむし子さんの朗読会も見させていただいたんですが、なるほど、そういうものもあるのか、と…! 青波さんの朗読聞けなかったのだけが残念ですが、むし子さんの可愛らしい声で静かに紡がれる朗読は胸がときめきました…いいなぁ、朗読。なんかの機会があったらやってみたいかも…


◎撤収以降

 頭がもうろうとしながら閉幕15分前、もそもそと片づけを始めるも、あれ…どれを残してどれを送るんだっけ…状態。あたふたし始めた頃に流れる『蛍の光』。ヴオオオ本当なら優美な感じで歌っているはずだったのにイイイイと何とか詰め終わり、使わない在庫を持ってえっちらおっちら宅配列へ――え、なにこの列。 どうも最大手のサークルさんの搬出とかぶってしまったらしく…あとX関係の方々も多く…20分経ってもなお遠い受付のテント。よたくさんが迎えに来てくれなかったらずっと粘っていたよね、あれ…。帰りに宅配使うの初めてだったもので、いや、もう、なめててすいませんでした…もっと早くに出すべきでした…。

 様々な方々のご協力を得て、なんとか会場を跡にすることができました…ああもう、ホント、すいません…! 終わった後はゆりかもめの駅近くのビルに入っているプロントで、来春の某企画の打ち合わせに参加させて頂く。…なんかみなさんすごいな…大したアイデア出せんで申し訳ない…。某企画についてはもう少ししたらアナウンスできると思うのでお待ちくださいねふふふ。 さすがに前日が遅かったので早めに離脱。



◆◆第十九回文学フリマ

◎設営~開始

 堺屋さんのおかげで身軽に流通センターへ。本当にここは駅から近くていいですよね…。久しぶりに設営からの参加です。机を並べ椅子を並べ、無駄にあっちこっちを駆けずり回り…最近運動していなかったのでいい汗かかせて頂きました! ぐびぐびと水を飲んでたら「なんかこう…いつも水を飲んでますね!」と服部さんに見抜かれる。うん、大体水を飲んで塩分過剰摂取している奴がいたらそれは私です。

 ティアに比べて設営時間は少ないのですが、なんとか時間内に準備完了。文フリで強いのは平積み! という定説を聞いていたので、それまでのディスプレイ(見本誌だけ置いて在庫はうちっかわ)をやめて平積みにトライ。結論からいうとよかったと思います! ちょっと気になった感じの方が気軽に立ち寄ってくださる、という率が高まった気がします。ただ、思い付きでパッとやってしまったためちょっとごちゃつき感は否めませんね…(cf.冒頭の画像) もう少し改良して、次回に挑みたいと思います…!

 山ほど余ってしまったペーパーをこっそりペーパー置き場に置かせてもらいつつ、開場を迎える。今回は何とか間に合ったよ…!


◎イベント中

 実は、戦々恐々しながら来ておりました。というのも、文フリではイラストがどーんとメインの作品は(内容の如何問わず)倦厭される傾向にあると聞いていたので、新刊は受け入れられるだろうか…とヒヤヒヤしていたのです…いや、表紙絵は素晴らしくいいのです! ただいわゆる“純文”が強い文フリで、「あ、おねショタです」とドーンと出してどこまでやれるのかと…(まぁ途中から「いいや悪目立ちしたれ」って開き直ったんすけどね) 

 こちらも結論からいうと、杞憂でした! 立ち寄っていただく方はどなたも好意的で、説明を聞いて手に取ってくださることも多く! 通りすがりの方も、ポスターをみて「あ、かわいー」と声をかけて頂いたり…表紙の魔力半端ない…! dotさんのイラストはティアでも文フリでも強かった…! そうだよね、いいものはどこに行ってもいいよね…! 私もこの方の描く絵だいすきだもの…! あと打ち上げでも聞いたのですが、文フリ自体もより様々なジャンルを内包する動きができつつあるとのこと。確かに、自分でもその空気は感じました。そのタイミングで出せたのも運がよかったのかも。なんにせよありがたやありがたや。

 大阪ではそんなでもなかったですが、ポスターを上に掲げるところもだいぶ増えた印象。さすがにティアみたいにA1以上の超大判は見かけませんでしたが(気づかなかっただけ?)、A2はあっちこっちに。それでもまだまだ少ない感じなので、みなさんやるなら今ですぜ。文フリはどっちかっていうと、テーブルの下のところかな? 机に垂れ下げる飾りが凝っているように見受けられました。一文字ずつ大きく印刷したのを並べたりしたりね、あれいいなぁ。いつかやりたい。

 自スペースの方に関していうと、前日のティアと同じくらいにたくさんお立ち寄りいただきました!(※限りなく当社比) アン安は同じくらい出て、W氏は思ったほど出なかったかな? 既刊の大正浪漫本が、序盤すごくいいペースで出ました。レトロな感じがやっぱり文フリの空気になじんだのかな、と勝手に思ってます。グロリア・八奈結びもお知り合いの方にとって頂いて、八奈結びは残り1冊になったのでとりあえず頒布を停止します。夏に総集編出すのでちょっとお待ちくださいね。

 ブックカバーも引き続き好評でうれしい限り! 今後はアン安をお買い上げいただいた方にお渡しするつもりだったんですが、思わぬ反響を受けて、それ以外でもお渡しできるような算段をちと考えておきます。あっあっ、新刊キャンペーンのことは、き、きかないでください…(撃沈

 あ、それとよく覚えているのが「見本誌見てきました!」と声をかけてもらったこと。少なくとも2回、終盤にはっきり言ってもらったので見本誌の力の強さを実感しました! 今回から文フリでは既刊の見本誌(要回収)を置くのがOKになりましたし、これはやっておいた方がいいかも。確かに文芸作品は、ゆっくり見定めてから買いたいですもんね。


◎お買い物

 引き続きスタンプラリーを回りつつ…だって両日参加特典が豪華だからね…! 卒塔婆カーニバルさんのスタンプラリーは、実はありがたいことにサークル側で参加させていただいたのですが、秋の文フリでせっかく集めた台紙を忘れてしまったので…き、きかないでください…(part.2) 無事に6個集め、景品本+両日参加特典ゲット! この特典が、す、すごいのです…! 不織布バッグにカバーに一言栞…! ふおお、本当にくまっこさんこれをよくおひとりでご準備なされましたな…! ただただ頭が下がります…。

 ティア・文フリの両日参加のところがおおかったので(というがそれをわかっていたので)極力ティアでお買い物を済ませておいたのですが、それでもやはり結構な量になりまして…なんかふたを開けてみたら同じぐらい買ってしまったよね…いつ読むんだろうね、ホント…。ありがたいことについったなどのつながりでお知り合いさんが増え、気になるご本がたくさん増えて嬉しい悲鳴。ゆっくり読ませていただきます!

 参加サークルさんが増えたとのことで運営様はさぞ配置に苦心されたかと思うのですが、それでもサークル側・一般側ともに通路が広いのはやっぱりありがたいですね。お買い周りもサクサク進む。ただやっぱり、通路に出て呼び込みされるのは、個人的には抵抗があります…まぁ自分も前科者(スペース内から大きめ声掛け)なので言えないんですけれども…。これを文化とするかどうかは、難しい問題ですね。

 あとどうでもいいんですが…ターリー屋さんのカレー…食べそびれたよね…orz 気づいたら15時だったんだ…


◎撤収以降
 
 撤収は相変わらずクソもたつき。ああもうなんでこんな段取りが悪いのか…。でもなんとか宅配を頼むこともでき、カラカラカートを引いて流通センターを去る。本当に搬出入は課題…。

 総合打ち上げも気になったのですが、あえて少人数のこじんまり打ち上げに。助っ人に来てくださった古巣の堺屋さん、服部さん、そして設営&製本&設定の鬼《HPJ工房》の森村さんと近くのジョナサンへ。内弁慶を自称する四人が集い開かれる内弁慶会、略して内弁会。銘々それはもう素晴らしい内弁慶っぷりでした。うわーもう帰りたくなかったもんな、よっぽどホテルとってみんなで徹夜しよ? とか言いたかったもんな。多岐に渡る話題…創作のことからサークル活動のことから今後のことから…もやもや抱えてた思いがわりとみんな思ってることなんだなーというなぐさめから…もう最大限にエネルギー充填できました…。



◆◆総括

 …とりあえず記憶を順にたどったらえらい量になりました。最初に申しあげたとおり備忘録代わりなのでご勘弁願いたい…!

 まとめていうと、一年の総決算としてすごいいい二日間でした! 前半で感じた反省を生かせた感触があります。もちろん、新たな反省・課題はあるのでこれは来年以降の宿題としたいです。

 本当にこの一年、創作文芸にオフライン活動の場を移して、多くの出会いや発見を頂き、ありがたいばかりです…! 初年度、ということであれこれ手を伸ばしましたが、よかったこと、悪かったこと、色々ありましたので、ここから取捨選択してよりいい活動につなげていきたいと思います。

 重ねてになりますが、お付き合いいただいた方、お世話していただいた方、ちょっとでも興味を持っていただいた方、ありがとうございました! 
 
スポンサーサイト

テーマ:更新報告・お知らせ
ジャンル:小説・文学

最新記事

カテゴリ

つぶやき

プロフィール

世津路章

Author:世津路章
一次創作小説を書いています。

コメント欄は管理できないため閉じています。

◆リンクについて
当ブログはリンクフリーです。ただし、アダルト・宗教系サイトは除きます。
◆作品
当ブログ及び小説家になろうにて、『ミス・アンダーソンの安穏なる日々』『八奈結び商店街を歩いてみれば』を連載しました。前者はおねショタ小説で、現在公開休止中です(無敵の女傭兵ミス・アンダーソンを抹殺すべく派遣された羊ショタ執事悪魔(レベル1)のどたばたコメディ)。後者は大阪のどっかにある商店街が舞台のなにわ人情お約束劇です。

アイコンは岡亭みゆ様にご制作頂きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文(要返信の場合はその旨をお書きください):

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ