回り込み解除

 
もうひとつ寝るとーな時期になりましたね。
本当に今年一年お世話になりました!

春から個人で同人活動を始め、近年稀にみるぎっちぎちな一年を過ごすことができました。
ひとえに、ブログに来てくださったり、読んだよーと言ってくださったり、オンでもオフでも構ってくださる皆様方のおかげでございます…m(__)m 来年もがんばりますので、ぜひよろしくお願いいたします!

追記から、書いたものとかの簡単な振り返りをば。
オフライン活動でやったことの整理・反省などもございますので、もしご興味があれば!
◆書いたもの。

いつもお世話になっているいぐあなさんが
今年書いたものを数えてみるとやっていて面白そうでしたので、マネしてみる。

・長編:2本(お蔵入り1本)
・短編:18本

そこそこ書いていたので満足。圧倒的に短編が多いスね…。
今年の目標はコンスタントに書く、だったのでそれは達成できたかな?
300字SSさんなど、企画もののお力が大きかったと思います。
来年も短編重視でやりながら、長編の準備をしたいような感じです。

でもね…長編は…難しいよね…!
一本書いただけでもう引出すっからかんだよ…!
一本目はあまりにもアレだったんで寝かせ、二本目(っていうかアン安)はとりあえず今出来るすべては出し切ったんですが、やはり自分でも力不足を痛感しました…(出来上がったものはすきなんですが、もっと色々できたはずだというないものねだり)
ただ、二本書いたことでなんでだめだったのか具体的にわかってきたので、そこを踏まえた上で来年も長編ちょっとずつ書いていきたいです。



◆オフライン。

一人になって初めてわかる、オフライン活動の諸業務の煩雑さ…!
S.Y.S.時代はPOP周り等ずっとお任せしどおしだったので、
ああ、もう、こんな大変なのね…本当にありがとうございます…!

とりあえず最初の一年なので、できる範囲のことはやりました。
というかね…春参加した文フリが…惨敗でね…。
色々悶々したのですが、やれることやってダメならダメでちゃんと受け止めなければ、と思い、ネットのサークル参加のレポやまとめなど一時期読み漁って、あれこれ試したのです。別にめちゃくちゃ売れてほいしいわけじゃないですが(いや、そうなってくれたら勿論嬉しいですが)、まったく手に取ってもらえるのはやっぱり悲しい、やるせない。売り方が悪いのか話が悪いのか、とりあえずはっきりさせたい、と。
その結果、秋のイベントではひとまず胸をなでおろせる感じ(※当社比)に終わったので、やっぱり売り方大事ですね。
ただ、書くための活動なのでそこに執心するとしんどいため、効果があるもの・なかったもの・その他の取捨選択は大事だなぁ、と。全部やり続けるのは無理だよー(;つД`)
そこで、自分の中での整理がてら書いてみます。
あくまでうちのサークルでの結果になりますが、もしよければご参考までに。


ペーパー:〇
無料配布:×~△
⇒アン安の無料配布を前半期配っていましたが、んでそれなりにもらってもらえましたが、どんだけ効果があったかは不明(確認する手段確認するの忘れてた…) 誘導・案内するだけならペーパーで十分かも(QRコードに関心持ってもらえることが多かったので。お試し読みページに直結している)。アン安の刊行冊数が増えたりしたら考える必要ありですが、まぁまだ何年も先だね!
 ちなみに個人的には無料配布自体は全然アリだと思っていて(もらうと嬉しいし)、単純に個人でやる際の手間等を考えてということですのであしからず…。

声かけ:×
⇒効果自体はあります。が、なんてったってもろ刃の剣…。やはり両隣のサークルさんにご迷惑をかけてしまったなぁと、すごく反省しました。お誕生日席とかなら、まぁ、ね…。視覚的に興味を持ってもらう⇒寄ってきてくれた方にアピールする、の方が精神衛生上よろしいな…。

お品書き:△
⇒準備したけれど今一つ使いどきが。多分これは作り方と置き方が悪い。この前冬コミで《藍色のモノローグ》さんのお手伝いをした際、あらすじも加えて書いてらっしゃるお品書きを使ってらしたんですけど、じっくり見るお客さんが多かったです。A3サイズで作ってましたが、ひとつサイズあげることをかんがえたほうがいいかもなぁ…。

ポスター:◎
⇒秋のイベントで立ち寄ってもらえたのはこれが大きいです。道行く方に興味を持って頂けたのはポスターのおかげ(そして使わせて頂いたイラストのおかげ…!) あと自分がお買い物して帰ってくるときの目印になる←
 うちは今のところA2で十分かなぁと思います。その分高く掲げるの。100均で売ってるメタルラック使うのちょうおすすめ(重いけど)。今まで机上に置いていましたがスペースを圧迫するので、棒を伸ばして床に置くつもりです。固定方法考えなきゃ。
 あと卓番の案内がほしいっていう意見をよく見かけたので、夏はポスターに書いてたんですが、卓番ポスター別に作れば表紙絵ポスター使いまわせるやんということにようやく気付き、秋から導入。これで使い捨てせずに済む!
 文フリで見かける、机下スペースのPOPなんかもいいですよね。いつか試したい。

TWITTERでの事前告知:〇
⇒効果がどのくらいあったかはやはり測定しかねるんですが、フォロワーさん以外の方がタグなんかで見かけてかRTしてくださったりで、自ジャンル以外にも見てもらえるチャンスがあるとは思います。一週間前くらいから定期ボットに仕込んで流す感じ。新刊・参加情報は人が多い時間帯に、既刊は遅い時間に。投下時間間隔は空けて、一日一回。イベントのハッシュタグ等つけて、サーチしている方に届けこの想い! って感じで流しました。でもやっぱりね、嫌な方はいると思うのでね、そこはもうリム・ブロ・ミュートしてください、という覚悟を決めて。あと、自分も気になったツイートはなるたけRTするように、というのも心がけました。

見本誌:◎
⇒これはやっぱり必要! おさいふが痛いけど! 秋文フリの際午後に3人ほど「見本誌見てきました」って声をかけて頂いたんで、文芸では重要だと思います…。文フリは既刊が提出可能になったので(※要自主回収)、積極的に出していきたい所存。

企画参加:◎
⇒これのお力も強かった…! 特に文フリ大阪のとき、コトハトに参加させて頂いたのは大きかったと思います。300字SSのタグでチェックしてくださる方もいてありがたいばかり…。自分でも、「あ、この方あの企画に出てた!」って気になる気持ちにもなりますし。それがご縁で世界が広がるし。
 無節操に、というのはできないし、そもそも失礼なので、これ参加したい! という企画には積極的にいきたい所存。

新刊:◎
⇒というかね、「新刊あります」って言えるとね、接客のとき強いので…

なるべく多くのイベントに参加する:◎
⇒やはり継続は力なり。夏に新刊買ってくださった方が、秋のイベントでも来てくださって別の本買ってくださった時には、ああもうほんとやっていてよかったなと…。出れるものには極力出たいなぁ。

委託参加:×
⇒これは完全記念参加でした(;つД`) イベントにもよるのだそうですが、やはりなかなか難しいですね。

絵師さんに表紙描いて頂く:◎
⇒というか描いて頂くとまず宣伝に力が入るの。やる気が漲るの。
 そして、やはりPOP等の仕上がりがやはりよいです。見栄えが違う…。
 ただ、やはりイラストが合う作品・合わない作品、というものがあるので、全部にはつけ辛いですね…。

平積みレイアウト:〇
⇒これ秋文フリで土壇場でやったけどよかった気がします。置き方は要研究だけども…! 夏は見本だけ前において在庫は手前に隠して、ってしていたんですが、結構「これ買えるんですか?」と戸惑われるお客さんが多く…。秋の本の杜でもやってみたところ、やっぱりよい感じでした。

ノベルティ:△~〇
⇒いやこれは完全自分の失策でした…! 自家キャンペーンと企画キャンペーンかぶせてやってたら自家のほう宣伝する余裕なんてないだろうが…! イベントまたいだ購入回数形式にしたのも失敗…。でもブックカバーは喜んでもらえたので、買ったものについてくる、というのが一番適切かもしれぬ。ブックカバーは総集編系発売するときには新作出せたらいいなぁ。


…あんま切り捨てるところないなこうしてみると。
まぁいいや、冬眠しながら考えよう…。



◆来年どうしよう。

…とりあえず長編はアン安2部のみに絞って、短編の数をこなしていきたいところ。再来年を長編に充てたいので、その下準備も並行して(と、毎年言っている気がする! が、今度こそやる!!!)
企画物は気になるものは参加していきたいですが、しすぎると首が絞まるので今年みたいに衝動で飛び出すのやめましょうね。
広報関係はもう少しフックの精度を上げていきたい…twitterで流れていたQRコード使ったアンケート誘導(答えて頂いた方のみ限定の小話公開)を、今のところ導入予定。あとは通販関係整備できたらなぁ。実務的にはそんな感じ。

あと今年創作文芸関係でありがたいことにすごく交友関係が広がったので、もっと深めていけたらなぁと…まぁぶっちゃけていうとデートしまくりたいですね!!! この前青川さん(《アリスチルス研究所》さん)と6時間連続喋り場やった時に確信した。タイマン・デートは必要であると。そしてときメモはこの世の真理であると。ときメモの主人公のように電話かけまくってデートの予定入れまくる…のはさすがにできませんが、もっと積極的に、お話しできる機会を設けていきたい所存…!

っていうかびくびくしながら武者修行に出ましたが、創作文芸界隈のみなさん本当にあったかくてね…! 幼少のみぎり「書き物屋なんか志すんじゃないよ、ろくなことにならないんだから!」となんかの折にばあちゃんにどやされたわたくし目ですが、ばあちゃん、物書きのはしくれやっていたら優しいひとにたくさん出会えたよ…。冒頭にも書きましたが、今年を終えられたのはあったかいお言葉かけてくださった皆様のおかげです…m(__)m

なんかとりとめなくなってきたのでこのあたりで。
落ち着きのないやつですが、何卒来年もお付き合いいただければ幸いです。
それでは皆様、よいお年を!
スポンサーサイト

テーマ:更新報告・お知らせ
ジャンル:小説・文学

最新記事

カテゴリ

つぶやき

プロフィール

世津路章

Author:世津路章
一次創作小説を書いています。

コメント欄は管理できないため閉じています。

◆リンクについて
当ブログはリンクフリーです。ただし、アダルト・宗教系サイトは除きます。
◆作品
当ブログ及び小説家になろうにて、『ミス・アンダーソンの安穏なる日々』『八奈結び商店街を歩いてみれば』を連載しました。前者はおねショタ小説で、現在公開休止中です(無敵の女傭兵ミス・アンダーソンを抹殺すべく派遣された羊ショタ執事悪魔(レベル1)のどたばたコメディ)。後者は大阪のどっかにある商店街が舞台のなにわ人情お約束劇です。

アイコンは岡亭みゆ様にご制作頂きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文(要返信の場合はその旨をお書きください):

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ