回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

 
題名:『いつか星の夜を守る君へ』
ジャンル:オリジナル番宣おねショタ

ちょいとごめんなさい番宣だよ!
当作品は

3/8 
Text-Revolutions! にて発行予定のアンソロジー
『はじめての×××』


に寄稿いたしました作品のお話です。
星空を夜ごと見守り続ける《星守り人》であるまいねえちゃんと、たろくんという少年の掌編です。

こちらの300字SSを読まれてちょっと気になられた方は、
ぜひぜひアンソロジーのほうもお手に取ってみてください!

では続きは追記から。

********************************************


 よく冷え込むと思ったら、宵の空に雪が舞っている。

 まだ向こうの空は晴れているが、すぐこの夜空中を雪雲がおおうだろう。
 これでは星守り人の仕事はあがったりだ。


「今日はもうあがろうか」


 まいはそう言って立ち上がるが、彼女の弟子はじっと彼方を見つめたまま。


「星が見えなくなるまで、僕残ります」


  几帳面な声に、まいは微笑む。手術を受けるお母さんが心配で、眠れなかったたろくんはもういない。ここにいるのは彼女の跡を継ぐために、懸命に経験を積もうとする少年だ。

 そうだ、作りたてのリンゴとミントのジャムで紅茶を淹れてやろう。
 まいはそう決めて、台所へと向かった。


 雪が本降りになるまで、今しばらくかかりそうだ。


********************************************


【おねショタ】【ファンタジー】【オリジナル小説】【創作小説】
スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説
ジャンル:小説・文学

最新記事

カテゴリ

つぶやき

プロフィール

世津路章

Author:世津路章
一次創作小説を書いています。

コメント欄は管理できないため閉じています。

◆リンクについて
当ブログはリンクフリーです。ただし、アダルト・宗教系サイトは除きます。
◆作品
当ブログ及び小説家になろうにて、『ミス・アンダーソンの安穏なる日々』『八奈結び商店街を歩いてみれば』を連載しました。前者はおねショタ小説で、2017年7月に電撃文庫より刊行されました(無敵の女傭兵ミス・アンダーソンを抹殺すべく派遣された羊ショタ執事悪魔(レベル1)のどたばたコメディ)。後者は大阪のどっかにある商店街が舞台のなにわ人情お約束劇です。

アイコンは岡亭みゆ様にご制作頂きました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文(要返信の場合はその旨をお書きください):

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。